スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSの目指すモバイル端末

こんにちはもくばです
先日国内の発売日が月末であると判明したiPadですが、マイクロソフトからも端末の情報がでました。


端末の現在の呼び名はクーリエ、クーリエといわれると関数しか頭に浮かばない私ですが、マイクロソフトはこの端末で何を目指しているのか、以下の内容と共に考えます。


大きさ、形状。
ほぼバイブルサイズで二つ折り、2画面となっています。しかし目標としてる薄さは畳んでも3センチ以下と現在のノートPCの中でも薄いサイズ。
提供されてるイメージでは横にタッチペンを刺すようになっており、ますます手帳のよう。
重さもかなり軽めです。

ソフト
ソフト現在の情報ではwindows7ではなく、phone7のほう。
しかしその操作画面は2画面ということもありかなり特化したものになります。
指、ペンでの長押しや書き込み、画面間の移動など慣れが必要そうではありますが、画像から切り取り、スクラップ、書き込みなどが想定されています。
しかし、いまのところWeb閲覧およびメディアプレーヤとしては情報なし。
ゲーム性も全く出てきていません。

追加アプリ
現在のところ考えられるのはphone7ようアプリですが…専用にこれから用意ということになるでしょう。

インターフェース
これはまだですね。しかしiPadのようにソフトとハードの決め売り(ケータイを購入するイメージ)となるでしょうから、MSであることを考えると初めから必要なものは備えそうですね。個人的には無線関係では妥協しないで欲しいと思います。

バッテリ
iPadとの比較勝負を想像していると思います。しかしソフトウェア、ハードどちらを見ても不利なので…何とか使いっぱなしで1日を目指して欲しい。
発売時期がまだでていませんが、それまでにCPU、バッテリ性能がある程度あがっているのは確かです。


ではマイクロソフトはこの端末に何を見ているのか

iPadとも、先に発表のあったHPslateでもなく、携帯でもない。
そうですマイクロソフトはこの端末に手帳を目指しています。
故になのか、動画にもWebなどを見ているものはなく、ずっとスクラップや書き込み、整理といった作業が行われています。
”現在持っている物の置き換え”をマイクロソフトが狙うとするなら、これはいい売りになります。

iPadの発表があるたびに米gizmodoさんがクーリエネタを持ってきてくださるのが面白いですがw忘れないで!とアピールの様でもありますが手帳としての認識になればMSの勝ちもあります。(それまでにiPadがぜんぶ持って行ってなければですが)


これからのクーリエの進化も見逃せません。

willcom

こんにちは もくば です
willcomユーザーとしてちょっと悩んでいます


改めてwillcom再建について考えていきましょう。

そのまえに私としては、ユーザー及び、willcom社に関係していない人でIT関連記事をよく書いている方々と共に上申書に近い物を提出するべきだったのではないかと考えています。

それはただの要望書ではなく、コラボレーションといえる程に大きな動きにもできたのではないかと。そうすればもう少しいい結果をもたらすことができたのではないかと。

製品の中途半端さや、サービスの目の付け所などコストを考えても十分にできることがあったはずです。

私には、ここまでにwillcomは徹底した行動が少なすぎたのだと思います。




長くしてしまいましたが、今後のwillcomについて、既にでている話では分社してソフトバンクがXGPをあつかうという事、PHSについてはしばらくこのままいけると見ているという事ですね。


しかしユーザーは大きく報道された部分しか理解していませんしここまでの流れも変えにくいため、さらに減っていくのではないでしょうか。
更に現在の債務についても厳しく見られており、現金が動かせない状況になってしまう。そうすると営業自体が立ちゆかなくなる。

しかしXGPについては先日まで硬直していたアンテナ設置が少しずつ進んでいますし、総務省としても許可を出して頓挫とはいわせたくありません。
(そもそもPHS自体が国の協力が強かったものですが、”今”稼げないところに冷たいのは変わりません)
国として、企業として、ユーザーとしてベストを見極めて欲しいですね。


ユーザーのみなさんwillcomやめますか?やめませんか?

タブレットpc

iPadが発表されてからメジャーな情報誌では殆ど特集が1ページ以上くまれました。

これだけでこの分野における期待度、アップルの営業努力が知れます。
ただ端末としては時期として欲しいとは思っている物の期待度は高くありません。

理由としては私の需要としての機能不足。過不足ではなくただ不足ですね。
しかしこれが市場には丁度いいとも思います。

人は足りない物に慣れるのが得意ですから、ある程度売りがあればそれでいい。

ただし、googleという敵の作り出す端末の影響はうけるでしょう。
先日からchromeOSのタブレットのイメージ画像がWebでは良く見られますが、ASUSのイーPC程度の強みがあれば相当な顧客をとれるでしょうから、既に2ndiPadも準備中という話も合わせると購入という意味では、chromeOS待ちです。

あとマイクロソフトの端末が予定のまま完成するならば、それ以上の衝撃をみせてくれると思います。
本当の予定通りならいつものマイクロソフトっぷりがみれるだけかもしれませんがw

iPadの行方

こんにちはもくばです
近所では梅が満開ですが
さてiPadの発売も少しずつ近づき、発表以降関連記事が飛び交っていますが購入予定のひとはどれくらいでしょうか。

まず見込めるのは、iPhoneおよびiPod所有者、あとはガジェット好き。
ここにiPhoneのように企業がどれくらいの導入するかは大きいでしょう。

社会の流れは集団が作ります。
マスクでも超立体という今までと違う形のマスクを販売したさい、社員全員でマスク着用を義務にしました。

そうすると一定範囲ではそのマスクを見かけることが多くなり、購買意欲に深く働きかけます。

そういう現象を差し引いてもすでにかなり一般的になったiPhoneがありますから、今でている不安が拭えるならばすぐに大きい流れになるでしょう。


ちなみに私は移動ように文章を打つ端末としてオプション次第で欲しいと思っています。
用途もなく買うのはやめておきましょうねw