スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONY操作

nexusoneとx10
ついに発売となるxperia x10ですが、ソニーエリクソンがだしたこの1台はSONYらしいといえる。

それは性能をなるべく詰め込むその姿勢と、操作機能にある。
VAIOでも、AIBOでもその方向性をだしてきたSONYですが、SONYの操作とはなにか。

それは新しく、ユニークではあるがユーザーに今まで以上の操作能力を求めるところにあるように思う。

今回のx10について言えばそれは顔認識が一番だろう。
様々な画面から他のソフトへの連携がx10の操作の特徴となっているが、その顔認識については連絡帳のようなものに顔写真を登録していることは少なく、活用頻度は少ない。しかしfacebook、twitterのようなもののアイコンとして顔を使うようになれば自然と使うようにもなる。

SONYはその状態を自らの端末で作りたいようにも見えるが、今までプロモーションがそういったSONY操作と結びついたことはない。

それにすらユーザーは自分で活路を見いだしていかなければSONYブランドの楽しさは100%味わえない難しさがある。

ちなみにappleはiPhoneでもMacでも機能や操作を限定することで成功をしている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)